予約システムのiTICKET
2022年1月のウェビナー
【ゼロベース予約考察(1)】
日時指定の
時間帯予約を見直そう

2022年1月27日(木)

14:00~14:30
開催


今回は「時間帯予約」との
上手な付き合い方について
考えます

「時間帯予約」は日時を決めることで、スムーズな診療を目指す予約方式です。事前に対応日時を明確にすることで、患者様は待ち時間を減らすことができ、スケジュールが立てやすくなります。クリニック様にとっても、事前の準備ができる、来院患者数を把握しやすいなど、メリットが多くございます。

しかしながら、クリニック様の事情を前提としますと、「完全予約制」のように「時間帯予約のみでの運用」は難しいことも多く、一部の患者様のみを「時間帯予約」に当てはめた結果、「予約をしたのに待つことになる」「予約をしていないと、どれくらい待つかわからない」といった評価につながることもございます。

この際、別の予約方式である「順番予約」を組み合わせ、「予約外の患者様を少しでも待ちやすくする」といった工夫が功を奏することがございます。予約による待ちやすさを考える上では、2つの予約方式「順番予約」と「時間帯予約」それぞれの特性を見極め、バランスを取ることが重要です。

今回は2つの予約方式の中から、「時間帯予約」をメインテーマとして選び、その特性を探ります。

「時間帯予約」の活用方法、注意点、よくある誤解などを通して、「時間帯予約」との上手な付き合い方について考察していきます。

シリーズ
「ゼロベース予約考察」

予約システムのご提案をさせていただく上で、我々が特に気を付けているのが「先入観にとらわれないこと」です。

「日時を決めた予約を全員に適用させるのは難しい」けれども「待ちやすくしたい」という条件から「順番予約」という新しい概念を生み出したように、「隠れた目的の本質」に迫ることが、より優れた課題の解決方法に結びつくことは多くございます。

例えば、「電子カルテと予約システムを連携させたい」というご要望からは「スタッフ様の業務効率化を図りたい」といった目的を、「電話で予約ができるようにしたい」というご要望からは「お年寄りの患者様に不公平感を与えないようにしたい」といった目的を感じ取り、トータルのバランスを考えながらご提案をさせていただきます。

この「ゼロベース予約考察」というシリーズでは、予約に対する先入観や常識にチャレンジし、新たな気づきや概念を発見することを目指します。

ご参加いただいた皆様が、新たな角度から「予約」というものを捉える一つのきっかけとしていただけましたら、幸いでございます。

以下の方々は、
是非ご参加ください
  • 予約システムの導入を検討している
  • 予約の運用、方法に興味がある
  • 待合室の密対策に興味がある
  • 予約システムの理解を深めたい

以下の方々も、

遠慮なくご参加ください
  • 他社のシステムを利用中
  • 直近でシステムを導入する気はない
  • 興味がある理由は「なんとなく」
  • 情報は欲しいが営業はかけられたくない

【講師プロフィール】

冨田 直純
(とみた なおずみ)

アイチケット株式会社
メディカルソリューショングループ
企画チーム チームリーダー

(経歴)
埼玉県出身、大阪府在住。セールス・コンサルティング担当として、アイチケットの予約システム販売、クリニックの運用改善に従事。近畿・東海・北陸・西日本営業所、各営業所の所長を経験した後、現在同社企画チームにて、ブログ・ウェビナー等を通して、予約や予約システムに関する情報を発信する活動に携わる。

開催概要

イベント名 【ゼロベース予約考察(1)】
日時指定の時間帯予約を見直そう
開催日時 2022年1月27日(木)
14:00~14:30
参加方法 「お申し込みはこちら」ボタンから申込フォームにお進みいただき、申込フォームより参加登録をお願いします。
※フォーム送信後、届く自動返信メールに当日の参加方法についての詳細を記載しております。
開催場所 オンライン視聴形式(Zoom)
※上記において安心して参加して頂くために ご参加者様の、お顔(映像)やお声(音声)が出る事はございません。 また、ご参加者様同士で他に誰が参加されているかもわかりません。
※途中でご退席されても問題ございません

参加費 無料
申込締切 開始直前まで可能です。
定員 200名
お問い合せ アイチケット株式会社 セミナー担当
E-mail:sales@iticket.co.jp
製品HP:https://iticket.co.jp/
参加方法 「お申し込みはこちら」ボタンから申込フォームにお進みいただき、申込フォームより参加登録をお願いします。
※フォーム送信後、届く自動返信メールに当日の参加方法についての詳細を記載しております。